• Seisuke Kimura

共同研究の成果をNew Phytologistに発表しました

共同研究(神戸大学、ヴュルツブルク大学(独))の成果をNew Phytologistに発表しました。「咲くことをやめたラン科植物」の花(完全閉鎖花)がどのように形作られているのかを、トランスクリプト―ム解析をもとに論じ、これまでほとんど例が知られていなかった部分的ネオテニーという現象が関わっていることを示唆した論文です。


Transcriptomic heterochrony and completely cleistogamous flower development in the mycoheterotrophic orchid Gastrodia

Kenji Suetsugu, Kenji Fukushima, Takashi Makino, Shuka Ikematsu, Tomoaki Sakamoto, Seisuke Kimura

New Phytologist, published online | https://doi.org/10.1111/nph.18495




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示