top of page
  • 執筆者の写真Seisuke Kimura

研究成果を発表しました

水陸両生植物Rorippa aquaticaの染色体レベルでのゲノム解読と異形葉性のメカニズムの解明についての論文をCommunications Biologyに発表しました。Rorippa aquaticaの研究には、京都産業大学で研究室を立ち上げてから一貫して取り組んできました。ゲノム情報が明らかになったことで、今後のさらなる研究の発展が期待できます。


論文へのリンク


論文情報

Tomoaki Sakamoto, Shuka Ikematsu, Hokuto Nakayama, Terezie Mandáková, Gholamreza Gohari, Takuya Sakamoto, Gaojie Li, Hongwei Hou, Sachihiro Matsunaga, Martin A. Lysak, and Seisuke Kimura

A chromosome-level genome assembly for the amphibious plant Rorippa aquatica reveals its allotetraploid origin and mechanisms of heterophylly upon submergence

Communications Biology (2024) 7: 341-1-14 | https://doi.org/10.1038/s42003-024-06088-7


解説記事(Behind the paper )へのリンク


プレスリリース情報

葉の形を変えて水中で生き延びる植物の謎を解明 !! 水陸両生植物Rorippa aquaticaのゲノム解読と異形葉性のメカニズム






閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page