• Seisuke Kimura

Communications Biologyに共同研究の成果を発表しました。

京都府立大学の武田さんたちとの共同研究の成果をCommunications Biologyに発表しました。アサガオの花が咲くときに、花びらがまっすぐに伸びる仕組みを解明した論文です。詳しくは以下のプレスリリースを参考にしてください。


https://www.kyoto-su.ac.jp/news/2021_release/20210308_345_release_ira01.html


Ayaka Shimoki, Satoru Tsugawa, Keiichiro Ohashi, Masahito Toda, Akiteru Maeno, Tomoaki Sakamoto, Seisuke Kimura, Takashi Nobusawa, Mika Nagao, Eiji Nitasaka, Taku Demura, Kiyotaka Okada, Seiji Takeda

Reduction in organ–organ friction is critical for corolla elongation in morning glory

Communications Biology (2021) 4: 285-1-8 | https://doi.org/10.1038/s42003-021-01814-x


14回の閲覧0件のコメント