• Seisuke Kimura

Horticulture Researchに研究成果を発表しました

京野菜の水菜から、壬生菜が分岐して誕生した背景を解明した論文をHorticulure Researchに発表しました。卒業生の川勝弥一さん(現在は名古屋大学)が博士論文の研究として取り組んだ成果です。


Yaichi Kawakatsu, Tomoaki Sakamoto, Hokuto Nakayama, Kaori Kaminoyama, Kaori Igarashi, Masaki Yasugi, Hiroshi Kudoh, Atsushi J. Nagano, Kentaro Yano, Nakao Kubo, Michitaka Notaguchi, Seisuke Kimura

Combination of genetic analysis and ancient literature survey reveals the divergence of traditional Brassica rapa varieties from Kyoto, Japan

Horticulture Research (2021) 8:132-1-10 | https://doi.org/10.1038/s41438-021-00569-0



論文へは以下のリンクからアクセスできます。


https://rdcu.be/clGtF


また、研究内容の詳細については、以下のプレスリリースをご参照ください。


https://www.kyoto-su.ac.jp/news/2021_release/20210602_345_release_ka01.html







14回の閲覧0件のコメント